読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tsugubooks

会社員が、週末本屋さん・tsugubooksをしてみたキロク。清澄白河と下北沢での本屋さん活動や、本の旅のことを。少しずつ整えていきます。

毎週土曜に営業中!「文青堂」さんに行ってきた!(東京・西荻窪)

BookBum BookBum-bookstore

昨年のOPEN日に訪ねることができなかった「文青堂」さん。
新年初の営業日(1/13 土)にお邪魔してきました!

なんだか本屋さんのキロクというより、自分日記になってしまいましたが、よろしければおつきあいくださいませ。

 

 

 

文青堂

誰がやってるの?どんなところ?

文青堂は本好き・本屋付きである、編集者・浅井とライター・和氣による企画・編集ユニットです。
西荻窪にあるシェアスペース「西荻ペーパートライ」にて毎週土曜日に店舗兼事務所を開きます。

イベントや街歩き、ワークショップ、出版、販売などの活動をしていきます。
「文青堂」という屋号は、台湾におけるカルチャーや本が好きな若者の総称である「文青」から取りました。日本独自の「文青」カルチャーを創出し、また、台湾の「文青」カルチャーを紹介したりしていきたいと思っています。(Facebookページより)

 

▶︎文青堂 Facebookページ
▶︎BOOKSHOP LOVER(和氣さんが運営しているサイト)
▶︎BOOKSHOP LOVER Facebookページ

 

入口

とっても寒い日の閉店間際。ドアが閉まっていた。
ドキドキしながら、このドアを開く。 

f:id:tsugubooks:20170118004342j:plain

この緊張感、蔵前のH.A.Bookstoreさん以来…

※H.A.Bookstore入口
(相手いる時の写真しかなかった。閉まっている時があるんですよ!)

https://www.instagram.com/p/BE2hMGJOzEh/

続いて、蔵前散歩。H.A. Bookstoreへ。4階までよいしょよいしょ。ドアをそろーっとのぞくと、思ってたよりたくさんの本が。(写真はほんの一部です!)*小屋BOOKSのときみたく1テーマに絞られてるわけじゃないんだけど、店主のこだわりというか美意識が見えるような選書。『BOOK5』『オセアノ号、海へ』『断片的な社会学』『苦海浄土』『これからの本屋』…小さな本屋さんだからこそ、一気に目に入る。区切られない、良さ。*『これからの本屋』、とっても良い装丁でした◎*#蔵前 #HABookstore #これからの本屋 #小屋BOOKS #東京イースト

 

室内の様子

開けてみる。
いたー!奥に背中を丸める和氣さん。

f:id:tsugubooks:20170118005606j:plain

この壁際の棚や机の上の本も、買うことができる。

 

部屋の真ん中に、どーんと大きな棚。

f:id:tsugubooks:20170118005710j:plain

箱を組み合わせる棚は最近よく見るけれど、奥行きがこんなにあるのは珍しい。
と思ったら、特に本屋さん用というわけではなく、ここの場所(ペーパートライ)の持ち物だそう。こういう備品?が借りられるところが、シェアスペースで始める良いところなのかもしれない。
横は浅井さんの本棚。上には、台湾の本が並べられている。
台湾の本が好きな方、台湾の本屋さんの話がしたい方、ぜひ。

 

奥に見える棚には、装丁が良い本、特に函つきの本が多く並ぶ。

f:id:tsugubooks:20170118005720j:plain

安野光雅が好きなので、勝手に取り出して、面陳に。(あとで直しましたよ!)

 

やっぱり背中が丸い和氣さん(お疲れ様!)と、和氣さんの本棚。

f:id:tsugubooks:20170118005701j:plain

 

最後に、本のご紹介を。

f:id:tsugubooks:20170118010859j:plain

和氣さんの本棚から:植草甚一、草間彌生、石岡瑛子、美術手帖、クラフト・エヴィング商會などなど。『発展する地域 衰退する地域』イイですねぇ。

 

美術手帖(ライアン・マッギンレー特集)と植草甚一さんの本を購入しました。
植草甚一さんを少しずつ読み始めたところだったので、この出会いは嬉しい。

 

何かを始めたい人は、ぜひ行って欲しい!

本屋さん好きのためのサイト「BOOKSHOP LOVER」でおなじみの、和氣さん。
2014年のはじめに知り合った、わたしの数少ない本界隈の友人です。

わたしは本に関する活動を始める勇気がなく、「どうせ何もできることないし」と、ずっと何も始めませんでした。

 全然本と関係のない業界の会社員をしながら、経験のない本のことも「やります」と言ってやってみる、和氣さん。
体調崩してヘロヘロになりながらも、続ける和氣さん。

あぁ「積み重ね」って大事なんだなぁと、その時知ったんです。
ワープばかり願っていた自分に気づいた瞬間でした。恥ずかしい。

 

★『dm』1号 特集:ウェブとクリエイティブ

f:id:tsugubooks:20170118213740j:plain

和氣さんの文章「本屋好きが本屋を巡って本屋になるまで」が掲載されている。
BOOKSHOP LOVERになるまで、つまり「はじまり」から「今」につながる線、をたどっていくことができる。

 

「文青堂」は、始まったばかり。
ぜひ、この始まりを、見に行ってみてください。
ぜひ、和氣さんの「線」の途中を、見に行ってみてください。

「始めよう」と背中を押してもらえるかもしれません。

 

 

次は浅井さんがいらっしゃる時、またお邪魔します◎