読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tsugubooks

会社員が、週末本屋さん・tsugubooksをしてみたキロク。清澄白河と下北沢での本屋さん活動や、本の旅のことを。少しずつ整えていきます。

Twitter装幀賞の候補本いくつか

おはようございます、風邪でダウンし寝たきりのtsugubooksです。さて、Twitter装幀賞の投票締切が、本日になりました。今朝は横になったまま本棚を眺めておりました。どれにしよう。 Twitterアカウントさえ持っていれば、誰でも投票できる「Twitter装幀賞」…

ゴウちゃんみたいに生きたいと思った日。

その本には、2012年夏、羽田空港の田辺書店で、出会った。 社会人生活のスタートは、九州。同僚と上司に恵まれ充実していたものの、出身地である関西からも学生時代を過ごした東京からも遠い、初めて暮らすまち。3年間は朝から晩まで仕事をしていて、会社外…

本を片手に、九州と東京とを行ったり来たり(1)

こんにちは、tsugubooksです。 7月から、九州ローカルと東京ローカルとを本でツグことを、始めました。こちらでは、今後、イベントのレポートや九州で本に関わるみなさんのインタビューなどを、お送りしていきます。 今回はそのプロローグとして、tsugubooks…

クラウドファンディング ウォッチング。

本関連の、クラウドファンディングを見ることが好きです。熱があるから。 今朝もCAMPFIREの過去のもの、特に「出版」「本をつくる」ではなく、「本がある場所をつくる」「本でコミュニティをつくる」「本屋さんが何かをする」プロジェクトを見ていました。 ↓…

九州でしか買えない本があるらしい。

本が好きな人間として、「東京」は最高の場所だと思っていた。『「東京」で手に入らない面白い本』なんて無いとさえ思っていた。 今日、ある本が定価の倍以上でAmazonに出ている、ひどい、本屋さんで買おうというツイートを見た。そのツイートはたくさんRTさ…

水野祐さんの本棚【情熱大陸より】

TVを見ていると、ヒトの本棚が映ることがある。すかさず、チェックする。ヒトの本棚を見るのは、ヒトの脳の一部を覗くようで、ちょっと後ろめたいというか、ドキドキする。でも見ちゃう。その素敵な人を、カタチづくるものたち、だと思うから。

脳内を交換する

「tsugubooksは、本のことをネタに人とつながる場所をつくりたいということですか?とにかく人とつながる、仲良しなコミュニティをつくりたい、ということ??」と訊かれた。 当初の私の説明不足を反省する。そうではないんです、むしろそういうのにはしたく…

私の「はたらき」について、書きながら考える。

先日、仕事旅行社が新たに始めたメディア・読む仕事旅行 “シゴトゴト”に、記事を書かせていただきました。対面で自分のことを話すことが得意ではないので、めったにない機会と思い、ここぞとばかりに自分自分でいってみました。笑 本の活動とは直接は関係し…