tsugubooks

会社員が、週末本屋さん・tsugubooksをしてみたキロク。清澄白河と下北沢での本屋さん活動や、本の旅のことを。少しずつ整えていきます。

ゴウちゃんみたいに生きたいと思った日。

その本には、2012年夏、羽田空港の田辺書店で、出会った。

 

社会人生活のスタートは、九州。
同僚と上司に恵まれ充実していたものの、出身地である関西からも学生時代を過ごした東京からも遠い、初めて暮らすまち。
3年間は朝から晩まで仕事をしていて、会社外で友人をつくるなんてことも、できなかった。
東京の友人たちのメールに返信をする心の余裕も、なかった。

仕事仕事の毎日は、知らないうちに自分の世界を狭めていったようだ。
元々(見えないと言われるが)小心者だったのが、さらに自分の本音は話せない消極的な性格になっていったように思う。

 

少し余裕が出てきた頃、また本を読むようになる。
同時期にIT系スタートアップの人たちと知り合い、読書メーターやブクログなどのWebサービスを知る。
当時大好きなサービスがあって、そこで文章を書くことにした。
本と本屋さんが好きだなんて、リアルでは言えなかったけれど、Web上では思い切り言えた。自由になれた。

 

あるとき、大好きなサービスの運営者から、「本や読書サービスについて、運営者側で文章を書いて欲しい」と依頼をいただく。
Webサービスに載せるだけではなく、さらにメディアに転載されることが決まっているという。
「(文章がうまいわけではないけれど、)本と本屋さんに対するスキが溢れていることが伝わるから。」という理由だった。

 

続きを読む

毎週土曜に営業中!「文青堂」さんに行ってきた!(東京・西荻窪)

昨年のOPEN日に訪ねることができなかった「文青堂」さん。
新年初の営業日(1/13 土)にお邪魔してきました!

なんだか本屋さんのキロクというより、自分日記になってしまいましたが、よろしければおつきあいくださいませ。

 

 

  • 文青堂
    • 誰がやってるの?どんなところ?
    • 入口
    • 室内の様子
  • 何かを始めたい人は、ぜひ行って欲しい!
続きを読む

1/9(月)OPENの「BOOKS 青いカバ」さんに行ってきた!(東京・駒込)

『まだまだ知らない夢の本屋ガイド』の1つめ「月蝕書店」が好きで、後ろのページの執筆者一覧をチェックしておりました。
そこには、【小国貴司 BOOKS 青いカバ(東京都)】と記されていたものの、「実はまだ開店準備中らしい」と人から聞いていて。

ついについに、本日OPEN!!ということで、行ってきました。

 

*こちらのツイートを前日に目にしたので、無事に行けました。
住所入れてくださっていて、助かりました。ありがとうございます。

 

  • BOOKS 青いカバ
    • 外観
    • カバー
    • レシート
    • 感想
    • 【追記】1日目を終えたカバさん
    • アクセス
  • 月蝕書店のこと
  • 【追記】周辺情報
    • 一緒にまわりたい
    • ごはん

BOOKS 青いカバ

外観

f:id:tsugubooks:20170109212832j:plain

夜で暗かったので、向かいから撮れず・・涙。
看板が青で目立っていた。カバさんかわいい。
ロゴデザインは、6th_error403さん!(6th_error403さんツイートより)

続きを読む

Book Bumはじめます

本と本屋さんと旅が好きすぎて。
この度、「Book Bum(ブックバム)」というキロクをはじめることにしました。
いずれはBook Bumだけ独立させてサイトをつくりたいですが、まずはブログの1コーナーから。

本と本屋さんと旅

本が好き、本屋さんが好き、旅が好き。
というわけで、よくフラフラと旅に出ます。

本屋さんを探し、本棚を楽しみ、本を買い、本を読む場所を探し、買ったばかりの本を読む。至福のひとときです。

 

本屋さんでは、多くは、日本全国同じ「本」を扱っているはずで、同じタイトルの場合は同じ中身です。コーヒーであればお店によって味が変わりますが、本屋さんによって本の中身が変わるということは、ありません。

欲しい本がある場合は、どこで買ってもいいのです。

 

では、なぜわざわざ遠くの本屋さんへ、行くのか。

それは、「その本屋さんでしか出会えない本」、「その本屋さんだからこそ出会えた本」というのがあると思っているからです。

 

今まで気にしていなかった1冊の本が、滋賀県の小さなまちの本屋さんで推されていたり。
今まで東京で目にしたことのない九州の出版社の本が、熊本の本屋さんでは入口近くに並べられていたり。
今まで「歴史」棚に行かないから気づかなかった本が、京都の本屋さんでは観光本の横で目立っていたり。

 そんな出会いがあるから、「行きつけ」を大事にしつつも、普段とは違うお店にも行ってしまうのです。
本との新しい出会いを期待しながら、今日もまちをふらふらと放浪してしまうのです。

 

この、本を追いかける旅を、Book Bum(ブックバム)と名付けました。

 ※Sound Bum のサイトより
 バム(bum)とは、なにかを探しながら放浪する旅をさす言葉。
 たとえば波を追いかける旅は「サーフバム」と呼ばれている。 

 

書くこと

ここでは、主に次のことを書いていきます。

◎妄想旅

世の中にはすでに、旅×本を実践している人がたくさんいます。
人に聞いたり、ブログを読んだりして、「わたしならこういう旅に出たいなぁ」のプランを立てます。
「ここもイイよ!」という経験者の声や、「わたしもここ行きたい!」と妄想旅仲間の声を、お待ちしています。いつか行く。

◎旅のキロク

実際に旅をしたキロク。どういう行き方で、どういう本屋さんに行ったのか。どんな本に出会ったのか。残していきます。

◎オススメ旅プラン

実際行った後に、オススメプランを書きます。旅先に迷った時の参考にしてもらえたら、嬉しいです。

◎その他読みもの

・旅本
・旅グッズ
・旅にまつわるエトセトラの雑記帳。

 

それから、少し経ってから、Book Bumのイベントもできたらと思っています。
そのときは、
◎旅人募集
を追加しなきゃですね。

 

では、また。
旅先でお会いしましょう。

 

写真は、大好きな“本屋さん”たち。

f:id:tsugubooks:20170110081945j:plain

東京メトロ×熊本電鉄のスタンプラリーに参加しながら、無理矢理本屋巡りもしてきた。

先月末、東京メトロ×熊本電鉄のスタンプラリーがあることを知りました。

 

「永田町」「護国寺」「北参道」にあるスタンプを押して、最後に「銀座の熊本館」に行けば、くまモングッズがもらえるというもの。

調べたら、↓くまモンも参加している!!!

 

 

くまモングッズ欲しいし、行くしかない!
そうだ、せっかくだから本屋めぐりもしよう!

(この思いつきが、後々自分を苦しめることになるとは、知る由もなく…)

 

というわけで、行ってきました、スタンプラリー。本屋巡り。

何か参考になればいいなということで、キロクを残しておきます。

 

  • はじめに
    • 準備したもの
    • スタンプを押すときの注意
    • 時間の注意
    • 格好の注意
  • 半蔵門線 永田町駅
    • スタンプ台へ
    • スタンプ
    • 本屋さん:改造社書店?双子のライオン堂?
  • 有楽町線 護国寺駅(→東池袋駅→池袋駅)
    • スタンプ台へ
    • スタンプ
    • 本屋さん①天狼院書店「東京天狼院」
    • 本屋さん②ジュンク堂書店 池袋本店
  • 副都心線 北参道駅
    • スタンプ台へ
    • スタンプ
    • 本屋さん:GA gallery Bookshop
  • 銀座・くまもと館(日比谷線 日比谷駅)
    • スタンプ台へ
    • スタンプ
    • お買い物
    • 本屋さん①:EDIT TOKYO
    • 本屋さん②:三省堂書店 有楽町店
  • まとめ
続きを読む