読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tsugubooks

会社員が、週末本屋さん・tsugubooksをしてみたキロク。清澄白河と下北沢での本屋さん活動や、本の旅のことを。少しずつ整えていきます。

伽鹿舎新刊『世界のすべての朝は』を愛でる。

伽鹿舎の新刊『世界のすべての朝は』が届いた。とても美しい。自慢したい!!!!少しでも多くの人に見てみてほしい、触ってみて欲しい!!!!!
と言いたいためのエントリー。

装丁とか全然詳しくない。なので、専門的なところは、全くわからない。
(最近の本の“モノとしての価値”論も、わかるけど、自分としては読みやすければ良い。そこに、かわいい・美しいが追加されたら、なおいいよねー程度。)

ただ、雑貨や紙が好きで、その延長で伽鹿舎の装丁やカバーが大好き。うっとり。
雑貨好き・紙好き仲間に、伽鹿舎の本を知ってもらえたら。

  • 新刊『世界のすべての朝は』
    • 特装版
    • ライブラリー版(QUINOAZ)
  •  見たい!触りたい!買いたい!
    • 伽鹿舎の本ってどこにあるの?
    • ひなた文庫と提携している東京の本屋さんで出会う!
      • ★HABへのアクセス
      • ★双子のライオン堂へのアクセス
    • いきなり買っちゃう!
      • 九州の書店から通販
      • 伽鹿舎から直接通販

新刊『世界のすべての朝は』

( パスカル・キニャール 著・高橋 啓 訳)

f:id:tsugubooks:20170513011424j:plain

向かって左が特装版、右がライブラリー版(QUINOAZ)。
ライブラリー版も充分凝ったデザイン。
どちらも触ってみて欲しい、撫でてみて欲しい!

印刷は、いつもの藤原印刷。こんなデザインを発注するほうもするほうだけれど、受けて作ってしまう藤原印刷さんすごい。

続きを読む

祝「君の膵臓をたべたい」文庫本化&コミック化!文禄堂へ買いに行く。

GW中に行っておかなきゃ!2つめ。
文禄堂 荻窪店。

吉祥寺から、中央線で2駅。谷川史子さんの原画展の後、足を運ぶ。
文禄堂は夜遅くまで開いているので、安心してのんびり行く。 

 

こちらのツイートを見て。

 

『君の膵臓をたべたい』の世界を味わえるイベントがある!

<「書店体験を変えるIoTプロダクト」実証実験!Bookkeey>

  • 期間:2017/4/27(木)-5/7(日)
  • 時間:9-25時(日・祝のみ10-24時)
  • 場所:文禄堂荻窪店内 BOOK ROUTE

“本を手に取る”という動作をキーにさまざまなコンテンツを発信する、本の販売台を楽しめる。
また、あわせて「共病文庫」へのメッセージ記入、loundrawさんのパネル展示、缶バッジのプレゼントも。

 

  

歩きながら、『キミスイ』と自分のことを、振り返った。ちょっと、書いてみたい。

 

目次

  • 『君の膵臓をたべたい』の世界を味わえるイベントがある!
  • 小説『君の膵臓をたべたい』のこと
    • 『君の膵臓をたべたい』とは
    •  『キミスイ』との出会い
    • 『キミスイ』を受け入れられた日
    • 心を通わせる
  • 文禄堂に行ってきた
    • 文禄堂 荻窪店
    • 移動式本屋「BOOK ROUTE」がお出迎え!
    • 共病文庫とBookkeyとキミスイタワー 
  • 小説・コミック・映画…どこから入る?
続きを読む

谷川史子さんの原画展!吉祥寺のギャラリー「創」へ行ってきた。

ゴールデンウィーク中に行かなきゃ!と思った2つのうちの1つ。

こちらのツイートを見て。

 

目次

  • 谷川史子さん
  • 谷川史子さんの原画展が開かれる!! 
    • 行き方
    • 原画展の様子
  • 『谷川史子 告白物語おおむね全部』

谷川史子さん

同年代(30-35歳)の、りぼんっ子だったら知っているはず。
りぼん時代はそんなに読んでなかったけど、CookieやKiss、ココハナであらためて読んで好きになったという方もいるかもしれない。

線も、色も、視点も優しい。不器用な女の子が、初々しく、でもときには強く、描かれる。

主人公がキラキラと輝いている自分と別世界な漫画もワクワクするし好きだったけど、谷川先生の描かれる漫画は等身大な気がして、静かに心を痛めたりニコニコしたりしながら読んだ。『きもち満月(フルムーン)』『各駅停車』『くじら日和』『ぼくらの気持ち』あたりが特に好きだった。

兄も読んでいた。ふたりで感想を言い合うことはなかったけど、どちらも静かに喜怒哀楽を持ちながら読んでいたと思う。

 

谷川史子さんの原画展が開かれる!! 

 <谷川史子原画展>

続きを読む

1年ぶりの営業!紀伊國屋書店 はません店 に行ってきた。

熊本地震から一年が経つ。
今月は、TVでもWebでも、「熊本」をたくさん見る。

 

昨年6月、熊本地震後初めて熊本を訪れ、伽鹿舎の加地さんに熊本の本屋さんを案内してもらった。

f:id:tsugubooks:20170430193224j:plain

天野屋書店舒文堂河島書店蔦屋書店熊本三年坂紀伊國屋書店熊本光の森店ひなた文庫(南阿蘇ではなく肥後大津の仮店舗)長崎書店

その後も8月、9月と熊本を訪ね、その度に本屋さんを案内してもらった。
ポアンカレ書店橙書店(旧・新)、長崎次郎書店ひなた文庫(南阿蘇の駅舎のほう)310Booksmychairbooks

 

続きを読む

Twitter装幀賞の候補本いくつか

おはようございます、風邪でダウンし寝たきりのtsugubooksです。
さて、Twitter装幀賞の投票締切が、本日になりました。
今朝は横になったまま本棚を眺めておりました。どれにしよう。

Twitterアカウントさえ持っていれば、誰でも投票できるTwitter装幀賞」。
ぜひぜひ投票してみませんかー?( ´ ▽ ` )ノ

 

  • Twitter装幀賞について
    • Twitter装幀賞とは
    • 投票期間・ルール
    • 装幀賞中の人のオススメ装幀本
  • 自分の本棚を眺めてみた
    • 候補の本
    • 対象外だけど、お気に入りの本
  • #tbd1を眺めるのも楽しい
続きを読む